プラス マイナス
かなれ
いだか
「グループホームかなれ」では、寄り添うケアを常に心がけています。集団的・画一的な身体介護中心のケアではなく、入居者様お一人おひとりに寄り添い、生活そのものを支えるケアを実践しています。また、ただ寄り添うだけでなく、傾聴・受容・共感を心がけ、入居者様の隠れたニーズを拾い上げ、その様々なニーズを解決できるようチームケアに努めています。

コンセプト

「グループホーム」とは、大きな病院や施設とは異なり、家庭的で穏やかな雰囲気の中で少人数の認知症高齢者が継続的なグループを保ち(1単位:9名)、専門的な認知症ケアを受けながら長期間入居し生活を送る施設です。

入居されている方が、皆同じような画一的なケアを受けるのではなく、生活の主体として個々に残された力を活かした「その人らしい」生活を提供します。

メイン画像

ゆったりと、自由な暮らし

お一人おひとりのリズムやスペースを支えるケア

ゆったりと、自由な暮らし

家族の暮らしの豊かさをいかした生活リハビリ

ゆったりと、自由な暮らし

ストレスを緩和し、不安や混乱を予防するケア

ゆったりと、自由な暮らし

自尊心を守り支えるケア

ゆったりと、自由な暮らし

秘めている力を活かし、暮らしの自立を目指すケア

ゆったりと、自由な暮らし

仲間の力を活かしたケア

ゆったりと、自由な暮らし

深いコミュニケーションと自己決定を生み出すケア

ゆったりと、自由な暮らし

地域や自然を活かしながらのケア

ゆったりと、自由な暮らし

その人の過去を尊重し、自信と自立を高めるケア